意外に知られていないWindows XPの機能を紹介 パソコン初心者向けの内容
資格取得または、基礎知識を学習したいという方は他のサイトや、パソコン教室を受講した方がいいかも。パソコン入門のような基本操作にはふれません。

パソコン講座?


初歩的な操作については説明を省略しています。


19.パスワードディスクを作成する

パソコンのパスワードを忘れてしまったときのために、
パスワードディスクを作成しておくことができます。
パスワードディスクの作成手順は以下の通りです。

1.「Windowsロゴ[左下にあるキー] + R」を押して
  「ファイル名を指定して実行」を表示する。

2.コマンド入力欄[名前]に「nusrmgr.cpl」と
  入力して「Enter」を押す。

3.表示された「ユーザーアカウント」の
  [変更するアカウントを選びます]から
  現在ログオンしているアカウントをクリックする。

4.左側の[関連した作業]から
  [パスワードを忘れないようにする]をクリックする。

5.表示された「パスワードディスクの作成ウィザード」
  の指示に従ってパスワードディスクを作成する。

  尚、フロッピーディスクドライブがない場合は、
  パスワードディスクが作成できません。


パスワードディスクの使い方

1.ログオン画面で、パスワードを入力せずに
  「Enter」を押す。

2.表示された「パスワードを忘れてしまいましたか?」
  の[パスワードリセットディスクを使う]を
  クリックする。

3.表示された「パスワードのリセットウィザード」
  の指示に従って新しいパスワードを入力する。


パスワードディスクで、忘れてしまったパスワードを
調べることはできません。

パスワードディスクは、
設定されているパスワードをリセットして
新しいパスワードに変更するためのものです。


パスワードディスクを作成する場合は、
まず、保管場所を確保したほうがいいと思います。

すぐに見つかるような場所に保管すると、
パスワードを設定した意味がなくなってしまいます。
< 19.パスワードディスクを作成するの記事はココまで >
SponsoredLink


| カテゴリ : パスワード関連 |